« PKD | トップページ | 栗本 薫『熱砂の放浪者』 »

2004.02.11

スティーブ・キャラハン『大西洋漂流76日間』読了

ノンフィクションである。

ヨットが鯨かなにかに衝突して沈没。2mくらいの小さなゴムの筏に乗って、なんと76日間も大西洋を渡り、最後に救出されるまでを描いた実話。

なんというか、実に悲惨な話なんだけど、主人公さんが限られた材料や道具を駆使して、極限状態を打破していきつづける様は、なかなかに興味深い。最近のサバイバルキットには海水蒸留セットってのがはいってるんだとか、結構船に出くわすんだけど、甲板に誰もいないし、全然気がついてくれないってのとか、海の男も大変なのである。

|

« PKD | トップページ | 栗本 薫『熱砂の放浪者』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/184785

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・キャラハン『大西洋漂流76日間』読了:

« PKD | トップページ | 栗本 薫『熱砂の放浪者』 »