« NIKKEI NET主要ニュース:米財務長官、中国人民銀総裁に人民元改革を要請 | トップページ | 曙、3-0で判定負け K-1初白星はお預け - asahi.com : スポーツ »

2004.03.27

農水省、米国産牛肉輸入の部分解禁を検討

NIKKEI NET いきいき健康
米国で全頭検査導入の兆しだそうだ。これで牛丼も復活するかも。

過去にも米国車の日本向けの参入の時に、マフラーについて高温警報装置が問題になったことがある。
日本の駐車場には枯れ草があったりするので、マフラーが高温になると火事になる危険があり、警報装置の搭載が日本では義務付けられているのだ。
米国車にはそんな仕組みはなかったので、日本に輸入販売するときに障壁になっていたわけ。

米国からそんなものいらんだろうとか、相当プレッシャーがあったんだけど、いちおう日本の役人が、絶対いると跳ね除けたのだ。
で、どうなったかというと、米国ないでも標準装備するように法律改正をしたか、メーカーの自主努力で取り入れたかどっちかだったはず。

同じような幕引きを狙っているのだね。やっぱ日本は全頭検査しているのに(もう10頭以上も見つかっている)BSEが発生しているアメリカで検査しませんというのは、消費者としては輸入してほしくないもんね。

|

« NIKKEI NET主要ニュース:米財務長官、中国人民銀総裁に人民元改革を要請 | トップページ | 曙、3-0で判定負け K-1初白星はお預け - asahi.com : スポーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/358527

この記事へのトラックバック一覧です: 農水省、米国産牛肉輸入の部分解禁を検討:

« NIKKEI NET主要ニュース:米財務長官、中国人民銀総裁に人民元改革を要請 | トップページ | 曙、3-0で判定負け K-1初白星はお預け - asahi.com : スポーツ »