« セナ事故死から10年、サンマリノGPで追悼行事 | トップページ | 日産、新車「ティーダ」を発表 »

2004.04.27

 レスポンス | Response. 【F1サンマリノGP】決勝…シューマッハ開幕4連勝、バトンは自己最高位

 レスポンス | Response. 【F1サンマリノGP】決勝…シューマッハ開幕4連勝、バトンは自己最高位

なんかね。HONDAは調子がいいや。佐藤も4位走ってたりしたし。でもやっぱシューマッハの牙城は崩せないのか。このままいったらワールドチャンプは結構さっくりと決まり、来年台頭する勢力の今年って展開になるのだろうか。ということは来年ホンダも目があるのか?

しかしなぁこんなにフェラーリが強いとは。と10年くらい前をふと思い浮かべる。プロストがフェラーリ入りして結構がんばったもんだ。でもワールドチャンプには届かなかった。なぜならばフェラーリというのはどうも細かい内紛とか主導権争いに陥る癖があったからだ。誰のせいで負けたのかというので、あいつだとか、俺じゃないとかやっていたわけ。だからプロストはフェラーリっぽかったけど、そういうフェラーリに求められていたのは、俺が責任を取る。ついて来いってタイプの指導者だった。

ということでジャン・トッドは丸いお人柄で、フェラーリを戦う集団へと進化させてきたんだよね。しかしシューマッハの才能なくしては、確信を持って勝てるチームにジャンプはできなかった。ジャン・トッドとシューマッハ。名馬と名伯楽ってとこかな。もちろん名馬はフェラーリ。伯楽はジャン・トッド&シューマッハ

|

« セナ事故死から10年、サンマリノGPで追悼行事 | トップページ | 日産、新車「ティーダ」を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/499049

この記事へのトラックバック一覧です:  レスポンス | Response. 【F1サンマリノGP】決勝…シューマッハ開幕4連勝、バトンは自己最高位:

« セナ事故死から10年、サンマリノGPで追悼行事 | トップページ | 日産、新車「ティーダ」を発表 »