« 「科学技術」離れは“日進月歩”…関心低下 | トップページ | DVD: ザ・ベスト・オブ ・マイアミ・バイス »

2004.04.19

Pentium III-S 1.4G 続き

考えてみると、いままでCeleron1.2Gで来たとか、PentiumIIIの850MHzだったとかで、ベースクロック100MHzで運用してたのですね。ということで、133MHz系に初めて昇格したのです。ところでいきなりメモリの相性問題が勃発。124MHzくらいまでしか回らなかった。非常に不安定でした。たまりかねて512のメモリ一本買い換えて、安定動作するようになりましたとさ。

マザーはTUSL2-Cなんだけど、まぁサウンドを殺している限りは安定動作。

クロックアップは試してないけど、100→124までPCIまわりはもったので、たぶんCPUの熱律則なのかな。
でも静音ファンつけているので、クロックアップさせる気はないんですけどね。

|

« 「科学技術」離れは“日進月歩”…関心低下 | トップページ | DVD: ザ・ベスト・オブ ・マイアミ・バイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/462509

この記事へのトラックバック一覧です: Pentium III-S 1.4G 続き:

« 「科学技術」離れは“日進月歩”…関心低下 | トップページ | DVD: ザ・ベスト・オブ ・マイアミ・バイス »