« 「人質・家族バッシング」に異論噴出 政府責任問う声も - asahi.com : 社会 | トップページ | 近況など »

2004.04.21

横山秀夫『深追い』

Amazon.co.jp: 本: 深追い

ここらへんの作品は、刑事事件を追うというよりは、日本で恐らくもっとも縦型社会で、かつムラ社会であるといえる警察という組織に属している人種の姿を描いている。

なかなかに、そういう中で恋愛めいた事を実現するのは困難なんだなぁと、凄く変な恋愛小説を読まされた気分になった。というのが表題作の「深追い」。「コンヤハカレーデス」などといったポケベルメッセージを、死んだ後も送りつづける未亡人に惚れてしまった警察官の話。なんか凄く普通の社会人だったら成立しない程度の話なんだけど、警察官であるということだけで、ここまで変な話になっちゃうんだねと思った。なかなか。

|

« 「人質・家族バッシング」に異論噴出 政府責任問う声も - asahi.com : 社会 | トップページ | 近況など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/470713

この記事へのトラックバック一覧です: 横山秀夫『深追い』:

« 「人質・家族バッシング」に異論噴出 政府責任問う声も - asahi.com : 社会 | トップページ | 近況など »