« 『輪違屋糸里』 | トップページ | WOWOWがCSに参入 12月から本放送 »

2004.11.03

綾辻 行人著『暗黒館の殺人 (講談社ノベルス)』

『暗黒館の殺人 上(講談社ノベルス)』オンライン書店bk1

この巻なくしては館シリーズは完結しないというような、館シリーズに縦糸を一本通す一冊。
しかし長かった。暗いし。もう嫌。

まぁ終盤の起伏の激しさはなかなか読み応えはあったが。だが暗いのでね。疲れます。読書意欲を減退させること確実な一冊とも言える
かな。

だいたい、前巻が暗すぎる。主人公級の人は、記憶喪失とか自律神経失調気味なのばっかりで、陰惨な事件はおきるけど全然解決しそうにもないし、やたら怪しい登場人物だらけだし。

ということでバイオリズムに無関係に落ち込んでしまうような本です。

|

« 『輪違屋糸里』 | トップページ | WOWOWがCSに参入 12月から本放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/1857017

この記事へのトラックバック一覧です: 綾辻 行人著『暗黒館の殺人 (講談社ノベルス)』:

« 『輪違屋糸里』 | トップページ | WOWOWがCSに参入 12月から本放送 »