« 椎茸 | トップページ | 『ICO』 »

2004.11.07

『ワイオミングの惨劇(新潮文庫)』トレヴィニアン

『ワイオミングの惨劇(新潮文庫)』オンライン書店bk1

まぁ作者の名前で買ったんですがね。いまいちかな。
時代設定は西部開拓時代以降。廃坑寸前の金山の近くに、週末だけ工夫がくりだしてくる街「20マイル」そこに流れ込んでくる有象無象どもって事で、深みのある人物描写とか、じっくりとしたストーリー展開ってなところを期待すると、かなりどうでもよい登場人物に、まったりしすぎのストーリー展開ってな、おきて破りの駄目っぷりでした。

よいように解釈すると、深みのあるしたたかな中西部アメリカ人達と、ゆったりとしたストーリー展開で、でもやっぱり、そんなもんだろ的結末を迎えるわけですね。

好きな人はいるかもしれんが。

|

« 椎茸 | トップページ | 『ICO』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/1885418

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワイオミングの惨劇(新潮文庫)』トレヴィニアン:

« 椎茸 | トップページ | 『ICO』 »