« 2003年12月21日 - 2003年12月27日 | トップページ | 2004年1月4日 - 2004年1月10日 »

2004.01.03

曙の息子いわく、「パパ、何で寝てたの?」

スポーツナビ | ニュース | 曙前向き「もう一度サップさんと」

息子にそんな事言われたら、勝つまでやめるわけにはいきませんよねぇ。
しかしサップは相当練習まじめにしたみたいですね。右ストレート打った時に肩で顎を守るところまでいけていました。
左のガードは空いてましたが、まぁ曙レベルでは問題ないでしょう。

でもタイソンならどうだ。まぁ僕が知っている昔のタイソンなら、問題なくサップは左ボディ→左フックで地面に這いつくばることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.02

<カラオケ露店>1店が営業を再開 大阪市が撤去求め勧告書

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

なんか何が悪いかという態度でカラオケ店を再開したらしいんだけどさ、金取るわけでしょ?営業でしょ?無料なら、愛好者が公共の場を使うってことで、煩いけど応援してよとなるのもわかるけど、営業だもんな。そら撤去でしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

格闘技の「Dynamite!!」(TBS系)は19.5%、「PRIDE大晦日スペシャル」(フジテレビ系)は12.2%、「イノキボンバイエ2003」(日本テレビ系)は5.1%

@nifty:NEWS@nifty:NHK紅白、視聴率は45.9%(時事通信)

やはり予想通り、猪木祭りは視聴率取れなかったようです。
紅白も視聴率落ちたようで。

しかしザッピングして見てる場合は視聴率はどうなるんだろうね?

そういえば星野監督胴上げの瞬間が最高視聴率とか出ているから、ザッピングもすべて把握されているに違いない。

たぶん上の数字は平均視聴率だろうから、まぁそんなものかなという気もしますよね。

魔娑斗の試合があったら、もっと盛り上がったか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.01

あけました

あけましておめでとうございます。

いやぁ2004年っすね。今年もいいことがありますようにと。
結構BLOGって使いやすいので、全面移行しちゃおうかなとか思ったりしました。
でも本の感想の資産をどうするかが問題だな。

まぁゆっくり考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.31

格闘技中継戦争

ということで、ボブ・サップ対曙 桜庭対アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 藤田対メイフィールド

まぁボブ・サップ対 曙を普通は見るよな。 桜庭も気になる。 藤田はあまり気にならない。

しかしなんで3局でつぶしあいやるんだろ?順番にやってもらったら、18時間くらい格闘技三昧できるのにさ


------------------------------------------------------------
ということで、曙負け 藤田勝ち うーむ。結構ラップしないで見れてしまう
しかし、あのスティーヴィー・ワンダーのハーモニカは何だったんだ。
それにレフリーストップ直後にCM入れるし。話題性トップの驕りか。
曙が打たれながら前に出て行くのは凄いと思ったけど、やっぱ張り手じゃ勝てないよね。
最後はスタミナ切れてたみたいだし。ちょっと哀れ。

まぁタイソン対ボブ・サップなら全米向けでも受けるかもしれないか。

------------------------------------------------------------
ということで桜庭も負けましたか。なんかパンチ結構もらってたよね。日本人で思いウェイトだとプロレスラーのほうが層が厚いからか、パンチ下手な人が多い気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今年もいよいよあと少し

もう2003年も終わりです。

 ボブ・サップ対曙はどっちが勝つのか?少々食傷気味ですが。

 さて、2003年は日本景気回復基調に、アメリカの資本が群がって円高進行で進捗しておりますね。
 基本的には小泉の保守と癒着しつつの改革路線は国民の信任を得た形となり、規定路線という感じですね。
 民主党の躍進も折込済み。土井さんはついに舞台から降りました。野中とか塩爺とか去っていった人も多いです。

 さて年金問題もそれなりに取り上げられ、とりあえず議論が始まっている実感はあります。願わくば第三号問題とかをさっさと解消して、サラリーマンの配偶者は必要コストが増大し、ただし育児をする家庭は優遇される。つまり共稼ぎで育児をする人こそ偉いという、まぁ日本を引っ張っていく機関車像を明確にしていく道が示されつつあると感じました。

 景気のキーとなる内需ですが、自動車は堅調。エレクトロニクス産業はHDD・DVDレコーダー、薄型テレビ、デジカメあたりで盛り返しが見られます。来年はオリンピックイヤーですから、さらに上昇が見込めるところです。ちょっと地上波デジタルがどうなるかが見所でしょうか。

 とりあえず阪神が勝てば消費は増えるんじゃないかなと思いますので、ぜひ健闘を期待したいところです。

 ということで来年も皆様にとってよい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.30

[家庭用コージェネ] 都市ガスで発電・給湯・冷暖房 全国で好調

MSN ニュース

まぁ、高圧送電を使って電力を輸送する場合、どうしてもロスが生じる(熱として捨てている)ので、各家庭発電は発電所ほどの効率が取れなくてもよいし、さらには廃熱をお湯として利用できるので、効率がよいということなのですね。

で、オール電化よりはコージェネのほうがよかろうと思っているのですが、今年かな?たしか規制緩和が入ってボイラーを家庭に置くというのが許されやすいようになっているはずで、そろそろ普及しだすかなと思っていました。CO2の排出も少なくなると思うんだけど、どうなのかな?

ちなみに震災の時は、ガスの復旧が一番遅かったです。駄目じゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSN ニュース火星着陸機はクレーターに落下?=依然行方不明

MSN ニュース

まぁ日本の火星探査機は失敗に終わっているわけですがね。なかなか欧州さんも苦戦しているようで。

なぜ日本がロケット技術で弱いか
(1)大陸間弾道弾の開発と同義ということで、周辺諸国から侵略的だと糾弾されるのを嫌っている。
   特に有人ロケットは精度要求レベルが尋常ではないので、それだけ精密なミサイル誘導技術ということになるわけですね
(2)儲からないから
   宇宙事業で利益が出る例はあまりない。宇宙工場つくってもしょうがないしね。本腰入りません。やっぱ儲けるとしたら宇宙旅行あたりか。
(3)役人主導だから
   (2)に関連しますが、役人とか学者さんは、もの作りにあまり関心がない。品質とか言っても、とにかく検査とクロスチェックなんでしょうが、メーカーまかせ。
   これではケアレスミスも防止できない。やはり、うるさく、しつこく、チェックチェックチェック。チェックするには経験が必要。役人には経験がない。
   あとミスが起き難い仕組みとか、システムとかも必要。そういうのは腰が据わってないとだめ。メーカーまかせはよくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通訳できる対話型ロボ、NECが開発成功

MSN ニュース


まぁ実用的には駄目なんだろうけど、面白そう。皆さんロボットの進化に余念がないようです。
走る、翻訳する、ボールを打ち返す、等々。合体するのもあったかな?

来年くらいは人を乗せられるのがでてきてもよさそう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.29

WWE ロック様大復活

何の気なしにRAWを観ていたら、ラ・フランスがでている場面でロック様大登場。
ミックGMとロック&ソッコ大結成。

If you smellllllla whata Rock is cooking!!!!

いやぁ久しぶりに見ましたが、動きのキレは落ちた感じはなかったです。戦線復帰?それとも地元だったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.28

ファインディング・ニモ

ディズニー映画最新情報

観てきました。子持ちには泣ける映画ですなぁ。
映像が凄く綺麗です。キャラクターもよいし。
しかしシドニーというのは綺麗な街ですなぁ。でも海は汚いんです。

今度海外旅行いくならオーストラリアかなぁ。ニュージーランドでもいいけど。

さて、物語は、くまのみの夫婦が40個の卵を育てているところから始まります。で、まぁ自然界というのは恐ろしいところで、主人公のマーリン(旦那のほう)と一個の卵のみが生き残り、卵から生まれた子の名前がニモということですね。

で、成長したニモがはじめて魚の学校に入ったところにシーンが飛びます。マーリンに徹底的に過保護に育てられたニモは、ちょっと反抗期ぎみ。と、そこで人間にニモがつかまってしまうという事件がおきるのですね。

マーリンはニモを探して人間の乗っていた船を追いかけて...という物語。

水槽の中に捕らえられた魚が人間の行う行為(歯医者の室内の水槽なので歯の治療を見ている)をじーっと見て評論していたり、結構変なユーモアが効いていますね。なかなか。

字幕スーパー版を観ましたが、声優の声が凄くいいですね。楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月21日 - 2003年12月27日 | トップページ | 2004年1月4日 - 2004年1月10日 »