« 2004年4月25日 - 2004年5月1日 | トップページ | 2004年5月9日 - 2004年5月15日 »

2004.05.06

戸梶圭太『トカジノフ』

『トカジノフ』オンライン書店bk1

トカジャンゴというのと同時期に出版された短編集。両方買うとビデオがあたる?

まぁこの作家短編のほうが向いている気がした。突き放し型とか、一件落着型とか、いろいろな趣向を凝らし、なかなか楽しめました。
最近横山秀夫を読み漁っている関係で、交番トライアングルがヒットしたかな。官能★★★、映画★★★、愛情★★だとか。横山は平和だわ。確固たる社会をバックにがーんと書いてある。戸梶圭太は、あやうさというか、不確定性ってかなぁ。まぁゆらぎがありますね。そこは巧さかな。この作家らしいです。パワフルだし。いいかも。
あ、目次に3項目を★つきで評価しているのね。作者が。

長編読むよりも満ち足りてしまった。やはり短編が向く作家なのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.05

Pentium M対応のキューブ系自作PCキットが初登場

Pentium M対応のキューブ系自作PCキットが初登場

PCI+ミニPCIだそうな。これは結構使えるかも?なんせ今までのはノート用のボードを売っていたので、ケースに収まらないという問題点があったわけで。
このベアボーン構成ならまともに使えるってことになりそうですね。

VGA周りとかどうなんでしょうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

Canopus DivXも再生できるマルチプレイヤー MultiRDVD 発売

MultiRDVD 製品情報

あのカノープスの出したDVDプレイヤー。DivXも対応してるらしい。変換ソフトがついていて、DVD-Rだと標準で7時間録画できるとか。これはなかなかいいよね。
MPEG2だと7時間一枚に入れようとおもったら、相当な画質劣化があるので。

カノープスだから画質は大丈夫とは思うんだが、どうなんだろう。
以前工房だかのDVDマルチプレイヤー買ったら、電源壊れて動かなくなったしなぁ。ちょっと値段が知りたいけど、買うのは躊躇してしまうよね。
DivXの標準モードってのもちょっとどんなものかわからないし。DivXというと、どうも字幕とかが画面に消え残ったりとかいうのが目立つのでねぇ。
まぁそれは2時間でCD一枚の長時間モード相当なので、標準モードだと大丈夫なのかもしれないが。

MPEG2だと、さすがにそういう事態はないのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AH-K3001V

DDI POCKET: 商品/サービス: 機種ラインナップ

予約した人がいるってことで、ショップを回ってみたが、神戸のお店は連休明けから予約受け付けとか書いてあったのであえて聞かなかった。

いやぁ迷うのは、ひょっとして感度がかなり低いとか問題があったらどうしようってことで、様子を見てから乗り換えるか、それとも初日から入手してガンガン報告なんかしちゃうって楽しみ方をするか、どっちかなぁと。

いやぁ迷うね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

整備不良と回答23回、国交省「19回は虚偽」 ハブ破断 - asahi.com : 社会

整備不良と回答23回、国交省「19回は虚偽」 ハブ破断 - asahi.com : 社会

23回もたたないとわからないもんなんでしょうか?年間一万件程度の死亡事故があるってことは、死亡にいたらない事故ってのも多いんだろうから、その中には埋もれてしまうのかな。
でも原因報告を求めるって事自体はそんなに多くないはず。8回くらいあったら、さすがに質問状くらい送れよな。まさか天下り先として力関係を示すためにためたとか?

ちょっと23回という数字に首を傾げてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.03

DDIポケットが音声型PHSで攻勢、新製品を相次ぎ投入

FujiSankei Business i. / ニュースページ

私PHSを愛用しているんですが、その理由は
(1)音質がよい
(2)データ通信カードを使っていて、音声端末がセットだと割安
(3)携帯電話からは強力な電磁波がでているがPHSだと1/100くらい
(4)携帯番号を聞かれても、PHSなのでと逃げられる

まぁ(4)のメリットははっきり言って大きい。嫁さんは(1)です。
でもって、いままでデータ通信でもっていたと思っていたが、なんか音声端末で攻勢かけるってのかなぁ。
不思議。たぶん中国で調子がいいので、中国向け端末を日本にも流して購買意欲を惹こうとしていると見た。なんてってもカメラつきがあたりまえだもんね、最近は。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.05.02

イラクで道路補修再開=陸自の雇用対策、現地業者が作業開始

Yahoo!ニュース - 海外 - 時事通信

まぁ、武装土木作業軍団というか。要するにそれをやりにいっているわけだからね。そういうアピールはマストだろうし。通常業務ですね。

ひと段落ついたら、札幌雪祭りのイラク版みたいなイベントやってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安コーラ

今日ダイエーいったら、コーラが44円だった。まぁコカ・コーラじゃなくて、ダイエーオリジナルブランドの奴だ。それにしても44円とは安い。ということで安コーラと名づけ、たくさん買って帰った。

昔米軍基地を観にいった時に、コーラ50円ビール100円だったが、それより安い。いったいぜんたい中国ってのはどういう国なんだろうと思ってしまうね。だって缶ジュースの缶って値段の結構な部分を占めてるって言うじゃない?
たぶん缶も中国だか(たぶん中国と踏んでいる)で作ってるんだが、アルミってのは電気代がほとんどとか言うじゃない。

ということはあの44円はほとんど電気代なのではないだろうか。20円電気。10円輸送。5円で缶の加工。まぁセールだったから利益が4円としてあと5円が飲み物代ってとこか。

あ、普段は88円なのかな?44円は赤字なのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

量的緩和策は当面維持 日銀総裁が強調 - asahi.com : 経済

量的緩和策は当面維持 日銀総裁が強調 - asahi.com : 経済

まぁとりあえず量的緩和によって日本経済のベースの部分を支えたよという日銀のメッセージですねぇ。ただし、いつまでも続かないよとジャブは出しているわけだ。うまく誘導できるといいですがね。まぁ企業にとってはこんなに安い金利で設備投資できるってのは嬉しいわけですが、それなりに信用度が高まらないとあまり低金利のメリットは享受できないわけでして。

まぁそれはそうとして、地価が反転するかどうかが見ものだね。一部には反転してるって話なんだがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KILL BILL Vol.2 - Directed by Quentin Tarantino

KILL BILL Vol.2 - Directed by Quentin Tarantino

いやぁ映画の日で1000円で観れるという事で、嫁さんと子供が寝ている間にレイトショーです。とほほ。

今回はカンフーアクションですね。ジャッキーチェンの、なんちゃら拳ものをフレーバーに加えているんですが、いいですね。ラストもよかったです。実はカンフー映画結構大好きで、プロジェクトAとか大福星とかがでてきて、香港が現代映画を送り出してくるまでは、ジャッキーのカンフー映画は大好きでした。あれって話がつながっているのも何作かあったよね。猫系蛇拳の話なんかは続きだった気がする。あれの最後の対決のあたりなんか、まさに今回のエンディングと同じ感じだったなぁと思った。ちゃんと前振りがあって、収まるべきところに前振りが生かされるって形ですね。

さて、「彼女は知っているのか?娘がまだ生きているということを」というコピーが示すように、まぁ予想通りの展開で終盤を迎える。

それにしても中盤の所は息苦しくてかなわなかったわい。まったく。

まぁネタ振りがあって、それを生かすストーリーがある。素晴らしいですね。こういう古風で着実な映画は好きです。パズルがぴたぴたぴたぁと解けるようで気持ちがいい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

東山 彰良『逃亡作法』

『逃亡作法(宝島社文庫)』オンライン書店bk1

頭の中に無線でコントロールされたチップを埋め込まれ、反逆や脱走した場合、眼球が飛び出すという仕組みで統制された囚人が農業を支えるという近未来の日本。

主人公の囚人ツバメは、微妙な力関係をうまくコントロールしながら収監生活を送る古強者。ある日、祝日毎に幼女を誘拐殺戮したという連続殺人犯、川原が入所してきた。それに起因して巻き起こる刑務所テロと、大脱走事件。ツバメ達は捜査と全国一斉無線発信を逃れ、生き延びることができるか?ってことで、なかなかに面白かった。

ただし前半部分はややかったるいので、1/3を読んでから、最初から読み直して、それで乗れたので、普通では駄作と感じるかもしれない。なぜならこの作者、どうも時間の隔たり感を出すのが凄く下手なのだなぁ。

まぁそれはさておき国外逃亡資金を得るために囚人同士が争う逃亡資金強奪戦や、川原を殺しに立ち上がった被害者の親達の追跡戦などで盛り上がる。

なんでこんなに気に入ったかというと、この作者エルモア・レナードファンらしい。ということで、僕にはうってつけな作品でしたね。満点ではないが、結構楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月25日 - 2004年5月1日 | トップページ | 2004年5月9日 - 2004年5月15日 »