« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »

2004.08.26

オリンピック雑感

柔道の井上や野球競技などで、期待の大きさのわりにさえない結果になる競技があった一方、谷亮子は偉大な選手なんだなぁとつくづく思った。一ヶ月前に歩けないほどの怪我をして、さらに金で当然みたいな言われ方をしての金メダル。金メダルで当然と言われた4、5人の中で異彩を放っている。そして水泳の北島選手も凄い。100も200も両方勝って、このオリンピック時点の実力において世界一を強く印象付ける結果を出した。

どうせ駄目なんだけど、マスコミにあおられて、あわよくばと思わせた種目といえばサッカーと卓球と女子バレーであろうか。テニスもそうだったかもしれない。最終日あたりにテコンドーもあるがどうなるか。

まぁしかし谷選手は凄い。北島選手も凄い。

あとマラソンの野口選手も凄いなぁ。なんか陸連の選考時のごたごたは完全にリセットされた強い金メダルだった。ぜひ高橋選手と女王争いをして欲しい。

ともあれ、まだまだ続くオリンピックだが、日本人選手の活躍をみるに、飛び出す杭は打たれる式の、軍隊風な過去の日本人のイメージは完全に崩れ、がんばる個人が活躍する時代になったのではないかと思った。男子体操なんてまさにそうだなぁと思ったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »