« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »

2004.11.06

椎茸

先週の週末は椎茸狩りしてバーベキューという職場のイベントがあって、
椎茸狩りでバーベキューしてきたのだが、お土産にあまった椎茸を
もらってきていた。


で、その椎茸を車の中に忘れていたことに今朝気づいたわけです。


なにやらキノコ臭が.....

あ、しいたけ

袋の中をみずに捨てましたが、車の中には椎茸の香りが....

梅雨どきになって、室内に椎茸生えてたら、、、、嫌だなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.05

えびボクサー

Amazon.co.jp: DVD: えびボクサー

映画『えびボクサー』を観た。BSデジでやってたのである。
まぁえびがボクシングをするって事でコメディーかなと思っていたら案外人情ものであった。
えびは強力に強く、ボクシングにならんぐらい強い。
だから、ボクシングができるえびで、一旗あげようとした男の苦労話がストーリーの基本だ。

結論としては、えびの演技は素晴らしかった。ILMやピクサーの作り出すキャラクターにはこの演技はできないだろう。
やはり生身の人間を前にすると、作り物でも生きてくるもんだ。

しかし実際にいたら結構臭うと思うなぁ。やだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.04

ブッシュ大統領が再選、ケリー氏敗北認める

Yahoo!ニュース - 海外 - 読売新聞

今回は前よりも関心を持って見ていたが、人材として五十歩百歩ってことだったんだろうか。ブッシュは歴史的にみてもかなり酷い大統領なんだろうと思うが、イラク戦争の反動か、ケリーが崩すことができなかった壁があったことになる。

どう考えても誤った情報に基づいて開戦し、イラクを世界一テロが起こる国No.1にしてしまい、米国人もがんがん犠牲になっていると思うのだが。

まぁ正当化しないとやってられないって事ですか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.11.03

WOWOWがCSに参入 12月から本放送

asahi.com : ニュース特集 : 地上デジタル放送

このCSっていうのはCSアナログのことなんだろうか?
ならば歓迎だけどな。

BSデジタルを受信できるってメリットは、現状あまりない。オリンピックの時はコンテンツがあったが、現在はさっぱり。
だけどBSデジタルのHV放送はさすがにハイヴィジョンだけあって、DVDより高画質だし、HDDでMPEG2TSを録画したら
本放送とまったく同じ画質で観られるってのがよい。

アナログだとそうはいかない。

といいつつ、コピワン問題のせいで、あまり僕的には金はらってまで観るもんでもないよなってな扱いだ。
CSアナログだととりあえずパソコンで取り込めるから、使い勝手はよくなるね。
なんせ出張ばっかりだから、DVD焼いてもっていって現地で見るって楽しみ方が50%を越えているもんで。
BSデジタルだとコピワンのせいでDVDに焼くのが大変なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾辻 行人著『暗黒館の殺人 (講談社ノベルス)』

『暗黒館の殺人 上(講談社ノベルス)』オンライン書店bk1

この巻なくしては館シリーズは完結しないというような、館シリーズに縦糸を一本通す一冊。
しかし長かった。暗いし。もう嫌。

まぁ終盤の起伏の激しさはなかなか読み応えはあったが。だが暗いのでね。疲れます。読書意欲を減退させること確実な一冊とも言える
かな。

だいたい、前巻が暗すぎる。主人公級の人は、記憶喪失とか自律神経失調気味なのばっかりで、陰惨な事件はおきるけど全然解決しそうにもないし、やたら怪しい登場人物だらけだし。

ということでバイオリズムに無関係に落ち込んでしまうような本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

『輪違屋糸里』

『輪違屋糸里 上』オンライン書店bk1

京都の芸妓が主人公で、新撰組が京都に根を張る頃が背景。土方やら近藤やら芹沢やらが登場。
まぁ浅田次郎はこのあたりを次の連作の根城に決めたみたいだよね。

司馬遼太郎へのオマージュかと映画だったら言うところだが。
悪くはないんだけど、よくもない。浅田次郎的には泣かせるという狙いがそもそもあの時代の京都では麻痺ぎみなんだし、
やはり新撰組というのは司馬遼太郎ワールドがどうしても築かれてしまっている。

ちょっと無茶なのかなとは思いますけどね。まぁもう少し読みたい時代ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »