« シャープ、台湾社の日本法人を提訴・「液晶TVで特許侵害」 | トップページ | バティスタを取り巻く二つの王座 »

2005.03.03

人類が手に入れた第4の“明かり”――LEDの現状と将来

Yahoo!ニュース - コンピュータ - ITmediaライフスタイル

2007年から2010年ころ蛍光灯に追いつくとか言ってるよ。LEDってそんなに安くなってきたんだ。


しかし本当ならかなり家の中も変わるでしょうね。デジカメのカラー補正はどうなっちゃうんだ。大変難しそうだ。

一番のメリットは長寿命、省電力。交換しなくてよくって、電気代も下がる。下がる電気代を含めて考えて、蛍光灯より安いってのなら、確かにありえそう。

|

« シャープ、台湾社の日本法人を提訴・「液晶TVで特許侵害」 | トップページ | バティスタを取り巻く二つの王座 »

コメント

興味深い記事でした。
本当に一般家庭に普及するかなあ。
ぜひうちの街灯などに欲しいのですが(^_^;)

投稿: あにゃ | 2005.03.08 08:44

企業とかの光熱費の4割が照明と聞いたんですがね。京都議定書発効しましたし、エネルギ消費削減にはもってこい?

太陽電池も凄い勢いで増産するらしいし、省エネ関係の未来はあかるいかも!

個人的には懐中電灯のLEDの奴、ちょっと欲しいです。高いけど。

投稿: ザンス | 2005.03.10 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/3160835

この記事へのトラックバック一覧です: 人類が手に入れた第4の“明かり”――LEDの現状と将来:

« シャープ、台湾社の日本法人を提訴・「液晶TVで特許侵害」 | トップページ | バティスタを取り巻く二つの王座 »