« 三崎 亜記 となり町戦争 | トップページ | 米国、ハイテク化進む中国を警戒--政府諮問機関で専門家らが討論 - CNET Japan »

2005.04.22

山田 真哉 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

リンク: Amazon.co.jp: 本: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学.

会計学の入門書だそうだ。

というか、単に、さおだけ屋はどうやってなりたっているのか?とか住宅街のどまんなかにあるフランス料理屋はやっていけそうにないのだが、つぶれない店がある。どうして?

などの疑問を、実にわかりやすく解明してくれている。なるほどぉと思って、なかなかためになりました。

結構読みやすいし、おすすめかもですね。

|

« 三崎 亜記 となり町戦争 | トップページ | 米国、ハイテク化進む中国を警戒--政府諮問機関で専門家らが討論 - CNET Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/3814674

この記事へのトラックバック一覧です: 山田 真哉 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学:

» 山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 [itchy1976の日記]
今回は、山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を紹介します。数字の見方であり、商売の本質みたいなものがわかる本だと思いました。しかし、会計学であり、簿記の世界に直接つながるかといえばちょっと疑問を感じる。会計学や簿記の勉強がしたいならば、正面切って入門書に立ち向かうしかない。この本は、あくまで読み物(数字の読み方/入門書の入門書)として割り切ったとするならば、コストパフォーマンスがよくすごくいい... [続きを読む]

受信: 2005.04.23 16:16

« 三崎 亜記 となり町戦争 | トップページ | 米国、ハイテク化進む中国を警戒--政府諮問機関で専門家らが討論 - CNET Japan »