« ラン・ローラ・ラン | トップページ | 最近の私 »

2005.05.16

大塚 英志 キャラクター小説の作り方

リンク: Amazon.co.jp: 本: キャラクター小説の作り方.

だいたい著者を知らないのに、本の中では結構売れた作家が語るみたいな雰囲気だったので正直場違いな本を読んでしまった感を強く感じたが、この著者はなかなかやる。

というのは、キャラクター小説の作り方などといいながら、結構鋭く最近の文学の流れというのを評論しているのだ。これは文学論が実はテーマで、その中で書くなら書けば?的な突き放し感があふれていて、あまり読んでも書けるような気にはならない。

ならないが、文学論の論文として読めば面白く、実際問題非常に開眼させられることしきりであった。

まぁでも普段SFとかミステリを読んでいると、いわずもがななことが多かったのは事実か。

微妙だが、とりあえず違う意味でためになる本であったということなのであった。

|

« ラン・ローラ・ラン | トップページ | 最近の私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/4144264

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚 英志 キャラクター小説の作り方:

« ラン・ローラ・ラン | トップページ | 最近の私 »