« ランス爆発 | トップページ | 誰も知らない »

2005.07.13

伊坂 幸太郎 : ラッシュライフ

リンク: Amazon.co.jp: 本: ラッシュライフ.

仙台という街は不思議と縁があって、いままで5回くらいはいったのだけど、整然としていて隠し事のないイメージがある。

それは井坂幸太郎の世界に通じるものがあるなぁと、この本を読んでいて感じた。

なにやら井坂ワールドみたいなものがあって、その中の一部を覗いている感じだが、あけっぴろげな感じで、こっそりという感じではなく、うまく陳列されているという感じ。

この陳列感というのが、井坂幸太郎を読むときに、つねにつきまとう。なにか作り物めいた、生々しくない感じだ。

喋るカカシもなぜかちょっと話だけ登場するが、生臭さがないバーチャルな印象だ。

今回の話も、バラバラ殺人というわりに、生臭さがないというへんてこな仕上がりで、これが井坂幸太郎ワールドなんだなぁと思ったしだい。

5種類くらいの話が時系列ばらばらで展開し、うまく噛み合せられているのは今回の趣向だが、まぁうまく効果をはっきできていると思った。

それはそうと、どうも優柔不断な主人公陣にも、まぁ井坂だからというか、さすが井坂というか、態度を決めかねてしまうのであった。まだまだ井坂幸太郎の全貌がよく見えていない。だが、シリーズを通して読むと、やがてすっきりとした世界がうかびあがってくるんだろうなぁと、仙台の町並みを思い出しながら感じたしだい。

|

« ランス爆発 | トップページ | 誰も知らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/4949855

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂 幸太郎 : ラッシュライフ:

« ランス爆発 | トップページ | 誰も知らない »