« 橋本 治 乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない 集英社新書 | トップページ | 伊坂 幸太郎 砂漠 本 »

2006.01.05

2006年

ということで、あけましておめでとうございます。

去年も我慢の年だったけど、今年も我慢の年になりそうな予感がしつつ、とりあえずそれなりに正月を過ごして、いろいろ楽しみながら、太りました。

まぁそれはおいといて。

年末は、やはり格闘技決戦ですね! まだ全部見てないけど、小川VS吉田は、負けて得るものがある小川が負け、勝ってもあまり得るものがないけど、負けると失うものが大きすぎる吉田が勝ちました。ゲーム理論的には妥当な結論だなぁ。(などと誤解に基づく寸評などをしたりして)

まぁ小川は2005年エンタメプロレス元年を2006年で飛躍させて欲しいですね。

で、曙はあまりにも失うものが大きい負けっぷりで、見事に散りましたねぇ。しかしボビーは実際たいしたもんだ。あんなのにのしかかられても、なんとかこなしてしまうものねぇ。

武蔵はボブ・サップに勝ったんだけど、武蔵はやっぱ強いよねぇ。なんか2位?と思っていたけど、2位!だったんだなぁ武蔵と思ったもん。

魔娑斗は強かったなぁ。まぁ相手が弱かったのかもしれんが。

そして山本KIDが優勝。なんか須藤元気は優勝と縁がないよね。

PRIDEはかなり冗長な構成で、飽きてしまったかもしれない。

|

« 橋本 治 乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない 集英社新書 | トップページ | 伊坂 幸太郎 砂漠 本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/8021885

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年:

« 橋本 治 乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない 集英社新書 | トップページ | 伊坂 幸太郎 砂漠 本 »