« 米牛肉脊柱混入:報告書の日本語訳は疑問が残る内容?南北アメリカ:MSN毎日インタラクティブ | トップページ | F1 開幕 »

2006.03.05

桂 望実 県庁の星

リンク: Amazon.co.jp:県庁の星: 本.

映画の原作?まぁ軽く読める本です。

とりあえず県庁の職員で、(それなりにエリートで)なんかよくわからない民間の仕事を1年体験するってことで、スーパーに配属された主人公が、あまりに文化が違う世界に戸惑いながら、競争とか、やりがいとか、やる気とか、そういう公務員に乏しい概念の洗礼を受けるみたいな物語。

ちょっと違和感があるのは、結局公務員は変だ、というのと、公務員もやれる、というので分裂していて、メッセージが弱いという点か。やはりいったん改革者になったならば、改革し続けないといけない。県庁に戻ったら目覚めてどうするんだというあたり。

まずまずで面白いのは面白いが、ちょっとラストをもう少しなんとかして欲しかった。

|

« 米牛肉脊柱混入:報告書の日本語訳は疑問が残る内容?南北アメリカ:MSN毎日インタラクティブ | トップページ | F1 開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/8959284

この記事へのトラックバック一覧です: 桂 望実 県庁の星:

« 米牛肉脊柱混入:報告書の日本語訳は疑問が残る内容?南北アメリカ:MSN毎日インタラクティブ | トップページ | F1 開幕 »