« 東野 圭吾 時生 | トップページ | 久坂部 羊 無痛 »

2006.06.04

変身 東野 圭吾  読了

変身読了。

これはちょっと若い感じかな。若干青臭さを感じました。

東野圭吾の作品はちょっとSFっぽい所があって、そこらへんを隠しきれない部分に非常に親近感を感じます。

ばりばり理系ってこともあるけど。

この作品は脳の一部を移植されちゃった青年が、だんだん性格が変わっていくので悩むという話。
予想以上にラストの部分が盛り上がってしまいましたが、はしょり過ぎず、細かすぎずで、あぁこういう展開かぁでほとんど終末が読めたところからギアチェンジをしているあたりに好感が持てます。

ただし、ベスト10には入るかもしれないけど、トップ3には入らないだろうなぁ的な作品でしょうか。

|

« 東野 圭吾 時生 | トップページ | 久坂部 羊 無痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/10383544

この記事へのトラックバック一覧です: 変身 東野 圭吾  読了:

« 東野 圭吾 時生 | トップページ | 久坂部 羊 無痛 »