« ポール・T. シェアリング  プリズン・ブレイク | トップページ | 土肥 志穂 人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか »

2006.07.02

ダン・ブラウン パズル・パレス

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047915181/qid=1151823680/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/503-8708250-6932740

やはり特徴というべきビジュアルに訴える建造物やシチュエーションで豪華に攻める快作。
NSAは秘密裏に全世界のE-mailを解読するスーパーコンピュータを導入していた。あらゆる暗号を総当たり法で解読してしまう強力なスーパーコンピュータ、それがパズル・パレス。

しかしながら、一匹狼の暗号学者が絶対に解読できない暗号というのが開発したと噂されていた。ある日NSAの職員の主人公が呼び出される。暗号学者が謎の死を遂げ、そして解読できない暗号文書が見つかったという。


ということで、テンポもいいし、ビジュアル的にも楽しめるし、ダン・ブラウンは結構気に入りました。次も読むぞ。

仕事柄、暗号化と複合化は日常的によくやったり、どんな暗号がどのくらい普及しているか等も結構詳しいのですが、こういう全てのE-mailを監視しちゃうとか、どんな暗号でも数分で総当たり方式で解読しちゃうとか、ちょっとありえない気がします。解読できない暗号ねぇ。
ただNSAの職員の考えている事。自分たちの社会に対する役割をどう考えているかなどの一端に触れていますが、ここらへんがいいですね。実際そういう考え方で仕事してるんだろうなぁとか。リアリティを感じました。

|

« ポール・T. シェアリング  プリズン・ブレイク | トップページ | 土肥 志穂 人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/10760619

この記事へのトラックバック一覧です: ダン・ブラウン パズル・パレス:

» 読書に目覚める!? [まっくの日記【共感編】]
先月、生まれて今まで『本』なんてマンガ以外は読んだ事がない私が 『ダヴィンチ・コ [続きを読む]

受信: 2006.07.02 18:28

« ポール・T. シェアリング  プリズン・ブレイク | トップページ | 土肥 志穂 人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか »