« 栗本薫 グインサーガ 豹頭王の挑戦 | トップページ | 戸梶圭太 未確認家族 »

2006.08.19

戸梶 圭太 牛乳アンタッチャブル

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4575234303/sr=1-4/qid=1155948296/ref=sr_1_4/503-2283253-5835925?ie=UTF8&s=books

なんとこれは結構社会性のあるテーマ小説です。いや全ての戸梶作品には社会に対するメッセージがあるような気がしなくもないんですが。

ところで伊坂と戸梶って若干作品から漂う雰囲気がだぶって感じられますよね。まぁいいんですが。

さて牛乳アンタッチャブルは、例えて言えば、沈まぬ太陽戸梶版みたいな、大向こうをも唸らせる大作だ!というか、まぁこれに匹敵するテーマといえば、JR西日本の脱線事故くらいかもしれませんね。

雪印って会社がつぶれた顛末を戸梶風に激写した、そういう本ですね、単純に言えば。コミック版の表紙がやけにそそるわけですが、装丁は戸梶のポイントかもしれないですね。

さてさてそういうのはおいといて、純粋サラリーマン小説として読んでもかなり面白いって感じでよかったですね。しかしあの人事部長、すんなり社長になって、会社は立ち直ったって話なんだけど、そんなんで人はついていくのかねぇ。でも大企業だと社長が何言おうと関係ないってところありますからねぇ。社長になったら会社を変えられるかというと、やり方次第ですが、大企業ほど難しいのではと思ってしまいます。

|

« 栗本薫 グインサーガ 豹頭王の挑戦 | トップページ | 戸梶圭太 未確認家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/11504048

この記事へのトラックバック一覧です: 戸梶 圭太 牛乳アンタッチャブル:

« 栗本薫 グインサーガ 豹頭王の挑戦 | トップページ | 戸梶圭太 未確認家族 »