« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006.06.25

ポール・T. シェアリング  プリズン・ブレイク

全身に刑務所脱獄のための情報を入れ墨して、無実の罪で死刑宣告されて収監されている兄のいる刑務所に潜入した脱獄物語。なかなか面白そうなストーリーなのだが、このノベライゼーション。最悪である。

棒読み。

抑揚なし。

画面思い浮かばず。

ただストーリーだけは面白そうだった。解説本として読むといいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

乙一 銃とチョコレート ミステリーランド

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406270580X/qid=1151235363/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2253916-1270646

ミステリーランドというのは、ミステリ ジュブナイルのシリーズで、変形の箱つきの装丁に納められた、ちょっと昔、宝の地図などに魅入られた少年時代を送った人には手に取らざるを得ないような雰囲気を持っている。

ということで初めてこのシリーズを買ってみた。乙一の作品というとZOOが最近文庫化されているが、どうにも毒があるお菓子ってな感じであって、それこそこの本もまったくその通りの毒を感じられた。

舞台はヨーロッパのどこかの国のようである。怪盗ゴディバを追う名探偵ロイドの活躍が新聞紙上を連日にぎわしており、主人公の少年はいつかロイドとともにゴディバの謎を追ってみたいと思うような存在。主人公の少年はある日ゴディバの謎の一端となる地図を手に入れる。それをきっかけに彼はゴディバの謎を追うことに。

と書くと完全にジュヴナイルだが、そうはいかない。乙一なのである。主人公は移民の血が混じった混血だったりとか、ロイドは政府の社会不安対策だったとか、ぼろぼろと牧歌的な世界観が崩壊する。それでも少年の成長物語的な部分をくずさずにうまく描いていると思いますね。タイトルこそがこの本が少年の成長物語であることの証という趣向です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »