« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006.07.23

東野 圭吾 殺人の門

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4043718047/250-4092025-1440267?v=glance&n=465392&s=books

東野圭吾の主人公達はどこか抜けている。やはりそうでないと物語にならんのであろうが、あまりに見え見えの罠にさっくり嵌るので、自分も悪いって気づけよと突っ込みを入れてしまう。

ということで噛んで含めるような物語が続く。すなわちどうして、こやつらは、こういうドツボに嵌ったのかを、しょうがないでしょ?ほらね、と説明しつづける必要があるわけだ。
そこらへんが理系の作者らしいところであるなぁ。

この本はほとんど不幸自慢みたいな本で、悪のり過ぎるとは思ったが、説得力がないわけではない。おぼっちゃまでも人生曲がるとこうなっちゃうよねっていう。
不幸のどん底のような本だ。こんな結婚生活はご勘弁。それだけは思った。最悪やん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »