« フライトプラン | トップページ | AppleとCiscoの「iPhone」商標問題が解決 »

2007.02.12

カルロス・ルイス サフォン 風の影

いやぁなかなか面白かったです。バルセロナを舞台に、謎の小説家の生涯を追う少年の成長物語。

書店を営む父親に、本の迷宮と呼ばれる秘密の本の集積所に連れて行かれた少年。一冊の本を探しなさい。そしてその本を生涯の友としなさい、という父の言葉により、迷宮の中で彼が探し当てた本、それが風の影。

しかしその作者は行方不明で、かつ著書はほとんど見つからず。そしてその内容はめっぽう面白い。本の著者の行方を追ってバルセロナを舞台に物語が始まる。

みたいな話で、いやぁなかなか読ませますね。成長物語らしさもOKだし、かつミステリの部分も古めかしい感じもありますが、そこもまたよくって。楽しめました。

|

« フライトプラン | トップページ | AppleとCiscoの「iPhone」商標問題が解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/13888116

この記事へのトラックバック一覧です: カルロス・ルイス サフォン 風の影:

« フライトプラン | トップページ | AppleとCiscoの「iPhone」商標問題が解決 »