« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »

2007.03.31

名もなき毒 宮部 みゆき

リンク: Amazon.co.jp: 名もなき毒: 本: 宮部 みゆき.
宮部みゆきのメインストリームは、このような慎ましく暮らすだけど事件に遭遇してしまう一家の物語だと思う。ファンタジーなどに比べ、実に細やかに手が入れられている。

とはいえ、東野圭吾も似たような感触の小説を出して来ており、宮部みゆきでなければならないのか?という気はしない。すなわち宮部みゆきなら全部読みたいという気はしていない。それでも読み初めて見れば、読み進めるのに苦はなく、テーマ性もありで、内容もボーダーはある。

ただ、ヌルヌルの深みとか、茫然自失とかそういう経験が宮部みゆきにはない。あくまで何か旅行に一冊持って行きたいけどはずれのない軽い本という時に出番がってくらいの位置づけでしかない。そんな作家を読み進める意味もあまりないかも。

ということで宮部みゆきに求めたいのは、これは読んどかなければという切迫感を、飢えを感じさせる事だ。読んでなくてもまぁいいやですんで、それでいいのか>宮部みゆき
と言いたい。高村薫とかだと読まないと後悔するっていう意見がありそうだが、宮部みゆきに果たしてそういう伝説的見解が寄せられるであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »