« 「続ける」技術   石田 淳 | トップページ | クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか: エリヤフ ゴールドラット »

2008.01.30

インシテミル  米澤 穂信

リンク: Amazon.co.jp: インシテミル: ホーム: 米澤 穂信.

地下に造られた12部屋のゲストルームを擁する暗鬼館。密室空間だが、各部屋には鍵がかからないという、閉ざされた空間に、高額のバイト料につられて詰まった12名の人々。音声でホストは、一人殺すごとに獲得できるボーナスについて告げる。一週間の間に、起きるべくして事件は起きるのであった。

ということで、暗鬼館にインしてみるという意味のタイトルなんでしょうか。
まぁなかなか練れた感じでストーリーも面白かったですね。ちょっと破綻気味すれすれのあたりがよかったりして。登場人物群に関しては後半の主役達がちょっと目立ち気味と思っていたら、後になるとバランスがとれたりして、仕掛けも面白い本でした。

まずお勧めできるかも。しかし本格というか、こういう密室ミステリが嫌いな人にはちっとも楽しめない本ではあるんでしょうけどねぇ。

|

« 「続ける」技術   石田 淳 | トップページ | クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか: エリヤフ ゴールドラット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/17901416

この記事へのトラックバック一覧です: インシテミル  米澤 穂信:

« 「続ける」技術   石田 淳 | トップページ | クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか: エリヤフ ゴールドラット »