« 四十七人目の男 (扶桑社ミステリー ハ 19-14) : スティーヴン・ハンター | トップページ | 東京島: 桐野 夏生 »

2008.07.20

映画『バベル』

リンク: 映画『バベル』公式HP.

バラバラの物語
・モロッコでバスで移動中に妻が銃に撃たれたアメリカ人夫婦の話
・その子供達と彼らの面倒を観るメキシコ人乳母の話
・手に入れた銃をものめずらしさに弄んでいたら、バスにあたってしまった幼い兄弟の話
・銃の持ち主の日本人の男性と、彼の娘の話。そして昔亡くなった妻の話

ということで、つなげるとこの銃はのろわれているって事かしら?そこらへんのニュアンスがよくわからないまま終わってしまった。

菊池凛子がアカデミー賞にノミネートされて有名になった本作ですが、まぁたしかに凄い演技だったとしか言いようのない、深い演技でした。ただ、この映画、皆一緒に撮影なんて絶対していないはずで、そういう面でどうなのよってところがありました。なんかぶつ切りの感じですね。繋がっていないぞよ。

迫力のあるストーリーだけど、よくわからない。なんか消化不良風の(気分的にはあの銃で母親殺しちゃったのかいという事で納得したですが)作品でした。

|

« 四十七人目の男 (扶桑社ミステリー ハ 19-14) : スティーヴン・ハンター | トップページ | 東京島: 桐野 夏生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/41918545

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バベル』:

« 四十七人目の男 (扶桑社ミステリー ハ 19-14) : スティーヴン・ハンター | トップページ | 東京島: 桐野 夏生 »