« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

プリンセス・トヨトミ   万城目 学

リンク: Amazon.co.jp: プリンセス・トヨトミ: 万城目 学: 本.

最高傑作だというので読んだのですが、なんだか面白ワールドですね。

話は、超敏腕の3名の会計検査院の職員が大阪府の検査に乗り込む。するとなぜかダミー団体があるらしいのだが、検査ができない。気になって(あと幼い頃の記憶にも導かれ)大阪府の真実があきらかに、ってな話でスケールは大きい。

ちょっとねぇ。浅田次郎ならもっと泣かすんだろうけど、そこらへんがまぁ大人のスタンスでいってるというかです。TVドラマにはならないよなぁ。うーむ。

アイデア勝負。アイデアは勝っている。結末はドラマチック、泣き、と来そうなのに、なぜかドタバタで終わってしまい、肩すかし、まぁそんなところですか。

乗せる気があるのかないのかって所がポイントですかね。自己満足なのか、プロの作家なのかの線引きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

告白: 湊 かなえ

リンク: Amazon.co.jp: 告白: 湊 かなえ: 本.

処女作ということで(なんか処女作って禁止語になりそうな語感ですよね)ちょっと荒い所はあるのだが、あくまでも重層的モノローグ小説という観点では、まぁ説得力、ストーリー性、意外性、その他読ませるものをもっていて、楽しめた。東野圭吾の初期の頃のちょっと青い感じに近いものを感じたが、瑞々しさなのかなぁ。一発屋では終わらないでほしい、まぁそんな所ですかね。

ちょっとワザトラだなぁと思ったのは、婚約者が有名人でという下りとか。そら伏線だよね、それってと、一瞬気が緩んで、若干テンションが下がってしまった。

1.5層くらい書き込んだ所で出てくる説得力はクリアしているが、ちょっと浅い感じ。重厚作家の4層くらいある説得力は無駄だなぁと思うわけで、この本は、2層くらい?バランスはよかったかなと。

えーとストーリーは、とある高校で、退官する女性教諭が生徒達にある告白をするって話で、その告白とは、構内で自分の娘が亡くなった事件に関して犯人はわかっていると、語りだすっていうような話です。

ブラック、ブラックと騒がれているが、さほどブラックではないなぁと思ったけども。まぁ若い人から見てブラックなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表

リンク: キヤノン:デジタル一眼レフカメラ|製品比較表.

現在使用中のデジカメはEOS kiss DNだが、EOS kiss X3というのが発売になるそうだ。

3インチの高精細液晶パネルとダストクリーニング機能、動画撮影など、待っただけの事はある進化かなぁ。そろそろ本体買い替えようかしら。

でもそんなに不満があるわけではないのだが。

一眼レフ型のデジカメになって変わった最大のポイントである、シャッターをぱしゃぱしゃ切れるという美点は、一点の曇りもなく現在も享受できているのでね。

動画撮影はCASIOのEX-F1を併用しているので、いらないっちゃぁいらないのだが。
でも3インチの液晶は魅力的だなぁ。もし暗い所での撮影性能が、おっと思うだけの進化を遂げていたら、ボーナス投入を考えようかしら。

6月に第三子誕生の予定ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »