« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.28

コンタドール ツールを制覇

リンク: CYCLINGTIME.com : コンタドール「応援してくれた全ての人、今年のツールで走った全ての選手に感謝したい」.

勝負所の山岳を制し、かつ最後の個人TTを圧勝したコンタドールが今年のツールを制した。

いやはやぶっちぎりっぷりは凄い。アンディは来年あたりにはもっと肉薄できるんだろうか。

ランスに対してやっぱり勝てなかった、ウルリッヒを思う。彼はランスの手のひらの中で転がされて終わったのでなかったか。

圧倒的帝王の出現がいよいよ確かなものになり、それをささえて周辺をつぶしたランス・アームストロングは、果たしてその勝利に欠くべかざるものだったかは、来年までその結論はおあずけというところだろうか。

ランスもきっちり表彰台に登っているあたりも凄いが、来年闘うのだろうか?

日本人選手の活躍も面白かった。最後の別府選手見事。新城選手も存在感を魅せた。今後に期待してよさそうだ。

ということで2009ツールは王道に帰した感がある。インデュラインやランスが築いた絶対王政の時代に回帰したような気がするのだ。

その答えは、来年ランスが新チームで誰を引き連れてピレネーをアルプスを登るかにかかっている気もする。そして願わくば、激しく、美しく、そして勇敢で、かつ気高い、そして愛のある、そんな理想的なツールを観たいものだ。

今年は本当に面白い21戦だったと思う。あとでドーピング陽性が出ない事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

コンタドール爆走

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

ツール・ド・フランス第15ステージは順位変動必至の山頂ゴール。

当然ながら本命とされていたコンタドールがいつ爆発するのかに注目があつまっていたけど、やってっくれました。もの凄い走りでしたね。
ランスという声もあったけど、さすがにキツかったか。でもまだ大きな差とは言い切れない。

いずれにせよ、大本命体制が確立されたってことでしょうか。あとは個人TTで巻き返せる人達がいるかどうか。そして大一番の第20ステージの超級ですか。まぁ20ステージもコンタドールが取れると思われるからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.11

波乱の勝負所第七ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

いよいよ勝負所、山岳ステージが目の前に立ちはだかる。

山頂フィニッシュだと、集団ゴールもばらけるので、総合順位移動が必至なのだ。

そしてマイヨジューヌを伺う、コンタドールは山岳大得意。ランス・アームストロングは言うに及ばずだ。そしてTTスペシャリストのカンチェラーラの手から、マイヨジョーヌが奪われるのは、もはや規定事項だ。

と、始まってみると、逃げ陣がなかなかアスタナ軍団を寄せ付けずというところだ。切り離し方式のためか、速度がトップの逃げ選手とあまり変わらない。

あれよあれよという間に距離が消費され、逃げ集団の逃げ切りが残り5kmで確定したあたりで、なぜかTVの表示は集団に捕まるということだったが、まぁポポビッチが引くも追いつけず。

そしてコンタドールが行った。もの凄い加速。いよいよコンタドールが穫るのかと思ったら、なぜかランスも微妙な距離でついていく。ついていけるんじゃん(笑)

そして無名風なアグリチュベルのブライス・フェイユが逃げ切って優勝。あれれ?4位ゴールのノチェンティーニがコンタドールより前?

ということでマイヨジョーヌはノチェンティーニがゲット。明日からアージェドゥゼルがマイヨを護送するのか、なんか信じられませんね。

山岳賞ジャージ マイヨブランアポワルージュはフェイユがゲット。よかったね。なんか躍進って感じですね。

まぁでもアスタナ勢は、またまた仮想マイヨ的なコントロールを続けるのかな。
中盤でいよいよゲットして横綱相撲のつもりなのだろう。まぁ誰もが納得の最強軍団的なイメージは固いよね。

そしてこっそりライプハイマーも4位を確保。アスタナ勢ってタレント多過ぎだよね。しかし、なかなか楽しめた第七ステージでしたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.08

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき: クレイトン クリステンセン, Clayton M. Christensen, 伊豆原 弓, 玉田 俊平太: 本

リンク: Amazon.co.jp: イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき: クレイトン クリステンセン, Clayton M. Christensen, 伊豆原 弓, 玉田 俊平太: 本.

なかなかに示唆に富む本であった。

主題としては、優良企業が持続的成長を追う経営をするのが必然である限り、下位市場からの破壊的新技術によって、市場を追われる事になるという話である。

メインフレームがミニコンに、ミニコンがパソコンに追いやられたり、8インチHDDが5インチHDDに、5インチHDDが3.5インチHDDに追いやられたり、そのような技術革新による、市場の激変というのは、ある意味優良企業を破滅に追いやるし、それを止める事は非常に困難であることを歴史的な事実確認と洞察により述べている。

たいへん説得力があるし、日頃技術者ってどうよ的な観点において、現実に違和感があった事への大変強力な切り込むメソッドを提供してくれた。

たいへん感銘を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツール・ド・フランス第三ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : チームとしては完璧な展開での勝利だった.

なんかランスが先頭集団にはいっちゃって、コンタドールよりも上位タイムになっちゃったって所で、ちょっとアスタナ不穏ですね。撹乱作戦?あるかなぁ。

別府選手が8位ということで、なんか凄いですね。盛り上がってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.06

新城選手5位のツール第二ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース・ポッドキャスト.

ポッドキャストで新城選手の肉声が聞けますね。言ってみればF1で日本人がポイントゲットみたいな、そんな、ある意味通過点なのかもしれないけれど、画期的ですねぇ。素晴らしいです。
なんかF1の中嶋選手とか鈴木選手の活躍を想起しつつ、なんか感動していますね。実況もなんか盛り上がっていましたが。

とりあえずカヴェンディッシュが恐るべし加速を見せて、長く引いた割にぶっちぎっていった第二ステージでしたが、意外におとなしい感じでした。もっとどんよくにマイヨジョーヌを盗りに行くのかとか期待しましたが、大逃げはなく集団がスプリント勝負のムード満開でした。まぁいずれ山岳シフトになるまでに、特にチームタイムトライアルまでは、オーソドックス展開だぞ、というようなプレッシャーを感じました。どう考えても山岳で頂上ゴールの第7ステージまでは、さほどの動きは無理なのかなと、思いますね。

本日は東京に日帰り出張でしたが、新幹線の中で盛り上がって映像を見ておりました。さっそくウォークマンNW-X1000が活躍しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

2009ツール開幕

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

ツール・ド・フランス2009が開幕した。

プロローグランではなく、個人TTでスタート。でもって、モナコがそのスタート地点。しかも解説には片山右京。

なんかね、F1で見知ったモナコのコースを弾丸スピード野郎達が疾走する。なかなか興奮しました。見知ったコースっていいっすね。

ステージ優勝はカンチェラーラ。二位にコンタドール。アスタナはクレーデン、ライプハイマーとランス・アームストロングもトップ10に送り込んでいる。やはり強そう。ランスはアシストに徹すると語っているけど、ライプハイマーはどうするのか。

日本人の新城が2分7秒差の126位、別府が2分52秒差の173位と、やはりトップ陣とは大幅に実力が違うようだ。

そういえばツールで、アフリカ系の選手って見た事ないけど、そういうスポーツなんだろうか?

とりあえず開幕ってことで。3週間じっくり楽しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

なんと映画は部屋を暗くして観る事を想定してテレビはつくられていた

リンク: 本田雅一のTV Style:メーカーはやっと“だれでも高画質を楽しめる”テレビを目指し始めた(1) - ITmedia +D LifeStyle.

映画などのコンテンツの色温度は6500度に設定されているのに対して一般テレビ放送は10000度で作成されているらしい。

そうだったのか。テレビで色温度の調整ができる理由って計時劣化じゃなかったのね。

あと、千と千尋の神隠しが赤く見える件もそうだったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »