« イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき: クレイトン クリステンセン, Clayton M. Christensen, 伊豆原 弓, 玉田 俊平太: 本 | トップページ | コンタドール爆走 »

2009.07.11

波乱の勝負所第七ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

いよいよ勝負所、山岳ステージが目の前に立ちはだかる。

山頂フィニッシュだと、集団ゴールもばらけるので、総合順位移動が必至なのだ。

そしてマイヨジューヌを伺う、コンタドールは山岳大得意。ランス・アームストロングは言うに及ばずだ。そしてTTスペシャリストのカンチェラーラの手から、マイヨジョーヌが奪われるのは、もはや規定事項だ。

と、始まってみると、逃げ陣がなかなかアスタナ軍団を寄せ付けずというところだ。切り離し方式のためか、速度がトップの逃げ選手とあまり変わらない。

あれよあれよという間に距離が消費され、逃げ集団の逃げ切りが残り5kmで確定したあたりで、なぜかTVの表示は集団に捕まるということだったが、まぁポポビッチが引くも追いつけず。

そしてコンタドールが行った。もの凄い加速。いよいよコンタドールが穫るのかと思ったら、なぜかランスも微妙な距離でついていく。ついていけるんじゃん(笑)

そして無名風なアグリチュベルのブライス・フェイユが逃げ切って優勝。あれれ?4位ゴールのノチェンティーニがコンタドールより前?

ということでマイヨジョーヌはノチェンティーニがゲット。明日からアージェドゥゼルがマイヨを護送するのか、なんか信じられませんね。

山岳賞ジャージ マイヨブランアポワルージュはフェイユがゲット。よかったね。なんか躍進って感じですね。

まぁでもアスタナ勢は、またまた仮想マイヨ的なコントロールを続けるのかな。
中盤でいよいよゲットして横綱相撲のつもりなのだろう。まぁ誰もが納得の最強軍団的なイメージは固いよね。

そしてこっそりライプハイマーも4位を確保。アスタナ勢ってタレント多過ぎだよね。しかし、なかなか楽しめた第七ステージでしたぞ。

|

« イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき: クレイトン クリステンセン, Clayton M. Christensen, 伊豆原 弓, 玉田 俊平太: 本 | トップページ | コンタドール爆走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/45600164

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の勝負所第七ステージ:

« イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき: クレイトン クリステンセン, Clayton M. Christensen, 伊豆原 弓, 玉田 俊平太: 本 | トップページ | コンタドール爆走 »