« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »

2010.06.03

期待を失望に変えて去る鳩山政権の罪 :日本経済新聞

リンク: 期待を失望に変えて去る鳩山政権の罪 :日本経済新聞.

まぁ職を賭すと言っちゃったんだから、しょうがない。それはわかるけど、あっけない。

社民党と連立組んだ意味として、現時点において社民党=反米、民主党=親米だったということなのだろう。与党になって、反米的沖縄選挙運動が、矛盾を来したというか。結果、反米勢力を追い出し、米国との約束を全うし、反米的沖縄選挙運動の責任をとらされる形になった。

次期内閣総理大臣としては、管直人が有力ということだけど、そこでぎくしゃくしないためにと、それよりも何よりも、参議院選に対して民主党は最大のカードを切ったという事か。

事業仕分けと子供手当?

圧倒的与党に求めたいのは、消費税率の見直しである。それができない体制を払拭するのは、参議院の過半数を抑えた勢力が政権を担当する状況を生み出す事。

歳出をカットして赤字国債をなんとかするって事が不可能だという事を明らかにした事が、手続きとして必要だったと思うので、それが鳩山政権の成果ではないかと思う。

日本国民を信用し、民主党として、消費税率改革をやるぞと、赤字国債解消できるぞと、その上で、かける所には金をかけて成長戦略やるぞと、そして国民のやる気を引き出してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »