« 隠蔽捜査: 今野 敏 | トップページ | MAKERS―21世紀の産業革命が始まる: クリス・アンダーソン »

2012.09.08

悪の教典  貴志祐介

リンク: Amazon.co.jp: 悪の教典 上 (文春文庫): 貴志 祐介: 本.

なんちゅうか、サイコパスものって、追いかける側でいくのが普通だと思いますが、こいつはサイコパスが主人公。ただし読み進めると、こちらが穢れるみたいなドロドロ感はなく、ジェットコースター的な感覚ですね。映画にもあいそう。

後半の怒濤っぷりは見事でした。でも伏線とかは弱いですね、あれぇという感じにはならない。結末もまぁそんなもんかなという所で、達成感とか爽快感とか、あまりない。高村薫とかだと、相当に山を築き上げて、そこに追い立てて、そこで見せる風景というのがある。そんな重厚さは一切ない。まぁそんな感じです。だから、僕はやや物足りなかった。テーマ性はなかなかあると思うんですけどね。

ちなみに、この本電子書籍で読みました。上巻はGARAPAGOS、下巻はKINOPPYです。iPhoneでの操作感はKinoppyが優れています。ストアも同じアプリでいけますしね。でもコミックの品揃えはGARAPAGOSかな。ついつい買っちゃいますね。どちらもiBookよりも操作性は優れています。なんといってもiBookは綴じ方向が日本語対応していませんからね。Kindleも試してみたいところです。

|

« 隠蔽捜査: 今野 敏 | トップページ | MAKERS―21世紀の産業革命が始まる: クリス・アンダーソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9582/55609805

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の教典  貴志祐介:

« 隠蔽捜査: 今野 敏 | トップページ | MAKERS―21世紀の産業革命が始まる: クリス・アンダーソン »