« 2012年2月5日 - 2012年2月11日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »

2012.05.30

始末屋ジャック 地獄のプレゼント 上 (扶桑社ミステリー): F・ポール・ウィルスン: 本

リンク: Amazon.co.jp: 始末屋ジャック 地獄のプレゼント 上 (扶桑社ミステリー): F・ポール・ウィルスン: 本.

ナイトワールドで起きる、衝撃の天変地異。ハルマゲドンと、2001年の911はどちらが衝撃的か?現実と虚構という違いを考慮してみて、911のインパクトの凄さに驚かされます。ジャックの住む世界にも大いに影響を与えています。

今回はお父さんだけじゃなく、お兄さんも登場しての、なにか狭いストーリー展開でした。悪徳判事ってのも、新鮮見はあまりない感じで、ちょっとタルかったです。次回先に期待なのだが、だいぶ先になりそうですねぇ。このシリーズ、ナイトワールドが再執筆されて完となると思うのだが、間にたくさん話がありそうで。ナイトワールド改をはやく読みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三匹のおっさん (文春文庫): 有川 浩: 本

リンク: Amazon.co.jp: 三匹のおっさん (文春文庫): 有川 浩: 本.

続編のほうを先に読んでしまい、結構すんなり楽しくハッピーに読めてしまったので、1を読んだ次第。

2のほうが楽しい感じですかね。シリーズとして、まだまだいけそうな気がします。

なんかでも1のほうが過激でした。そういう意味では2→1のほうが楽しい読み方なのかも。2のほうがイラストに味があるけど、ストーリーは1が素敵だったりとか。

考えてみると、今の老人ゾーンって元気だから、オッサンくらいのほうが合っているのかな。とも思ったり。まぁ期待しないで読めば、楽しく読める本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三匹のおっさん ふたたび: 有川 浩: 本

リンク: Amazon.co.jp: 三匹のおっさん ふたたび: 有川 浩: 本.

なぜか手に取ってしまった。自分としてはオッサンである事を十分自覚している。が、この本のオッサン達は、60過ぎていて、じいさんだった。

まぁそれはともかくとして、この本を手に取ってはいけなかった。この本は続編だったのである。

まぁ普通に読めたけどね。

ジイさん達には達人が多い。今のオッサンにそこまでの達人はいるのかな?と思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月5日 - 2012年2月11日 | トップページ | 2012年7月29日 - 2012年8月4日 »