2009.07.28

コンタドール ツールを制覇

リンク: CYCLINGTIME.com : コンタドール「応援してくれた全ての人、今年のツールで走った全ての選手に感謝したい」.

勝負所の山岳を制し、かつ最後の個人TTを圧勝したコンタドールが今年のツールを制した。

いやはやぶっちぎりっぷりは凄い。アンディは来年あたりにはもっと肉薄できるんだろうか。

ランスに対してやっぱり勝てなかった、ウルリッヒを思う。彼はランスの手のひらの中で転がされて終わったのでなかったか。

圧倒的帝王の出現がいよいよ確かなものになり、それをささえて周辺をつぶしたランス・アームストロングは、果たしてその勝利に欠くべかざるものだったかは、来年までその結論はおあずけというところだろうか。

ランスもきっちり表彰台に登っているあたりも凄いが、来年闘うのだろうか?

日本人選手の活躍も面白かった。最後の別府選手見事。新城選手も存在感を魅せた。今後に期待してよさそうだ。

ということで2009ツールは王道に帰した感がある。インデュラインやランスが築いた絶対王政の時代に回帰したような気がするのだ。

その答えは、来年ランスが新チームで誰を引き連れてピレネーをアルプスを登るかにかかっている気もする。そして願わくば、激しく、美しく、そして勇敢で、かつ気高い、そして愛のある、そんな理想的なツールを観たいものだ。

今年は本当に面白い21戦だったと思う。あとでドーピング陽性が出ない事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

コンタドール爆走

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

ツール・ド・フランス第15ステージは順位変動必至の山頂ゴール。

当然ながら本命とされていたコンタドールがいつ爆発するのかに注目があつまっていたけど、やってっくれました。もの凄い走りでしたね。
ランスという声もあったけど、さすがにキツかったか。でもまだ大きな差とは言い切れない。

いずれにせよ、大本命体制が確立されたってことでしょうか。あとは個人TTで巻き返せる人達がいるかどうか。そして大一番の第20ステージの超級ですか。まぁ20ステージもコンタドールが取れると思われるからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.11

波乱の勝負所第七ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

いよいよ勝負所、山岳ステージが目の前に立ちはだかる。

山頂フィニッシュだと、集団ゴールもばらけるので、総合順位移動が必至なのだ。

そしてマイヨジューヌを伺う、コンタドールは山岳大得意。ランス・アームストロングは言うに及ばずだ。そしてTTスペシャリストのカンチェラーラの手から、マイヨジョーヌが奪われるのは、もはや規定事項だ。

と、始まってみると、逃げ陣がなかなかアスタナ軍団を寄せ付けずというところだ。切り離し方式のためか、速度がトップの逃げ選手とあまり変わらない。

あれよあれよという間に距離が消費され、逃げ集団の逃げ切りが残り5kmで確定したあたりで、なぜかTVの表示は集団に捕まるということだったが、まぁポポビッチが引くも追いつけず。

そしてコンタドールが行った。もの凄い加速。いよいよコンタドールが穫るのかと思ったら、なぜかランスも微妙な距離でついていく。ついていけるんじゃん(笑)

そして無名風なアグリチュベルのブライス・フェイユが逃げ切って優勝。あれれ?4位ゴールのノチェンティーニがコンタドールより前?

ということでマイヨジョーヌはノチェンティーニがゲット。明日からアージェドゥゼルがマイヨを護送するのか、なんか信じられませんね。

山岳賞ジャージ マイヨブランアポワルージュはフェイユがゲット。よかったね。なんか躍進って感じですね。

まぁでもアスタナ勢は、またまた仮想マイヨ的なコントロールを続けるのかな。
中盤でいよいよゲットして横綱相撲のつもりなのだろう。まぁ誰もが納得の最強軍団的なイメージは固いよね。

そしてこっそりライプハイマーも4位を確保。アスタナ勢ってタレント多過ぎだよね。しかし、なかなか楽しめた第七ステージでしたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.08

ツール・ド・フランス第三ステージ

リンク: CYCLINGTIME.com : チームとしては完璧な展開での勝利だった.

なんかランスが先頭集団にはいっちゃって、コンタドールよりも上位タイムになっちゃったって所で、ちょっとアスタナ不穏ですね。撹乱作戦?あるかなぁ。

別府選手が8位ということで、なんか凄いですね。盛り上がってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

2009ツール開幕

リンク: CYCLINGTIME.com : サイクリングニュース.

ツール・ド・フランス2009が開幕した。

プロローグランではなく、個人TTでスタート。でもって、モナコがそのスタート地点。しかも解説には片山右京。

なんかね、F1で見知ったモナコのコースを弾丸スピード野郎達が疾走する。なかなか興奮しました。見知ったコースっていいっすね。

ステージ優勝はカンチェラーラ。二位にコンタドール。アスタナはクレーデン、ライプハイマーとランス・アームストロングもトップ10に送り込んでいる。やはり強そう。ランスはアシストに徹すると語っているけど、ライプハイマーはどうするのか。

日本人の新城が2分7秒差の126位、別府が2分52秒差の173位と、やはりトップ陣とは大幅に実力が違うようだ。

そういえばツールで、アフリカ系の選手って見た事ないけど、そういうスポーツなんだろうか?

とりあえず開幕ってことで。3週間じっくり楽しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

Car Watch オグたん式「F1の読み方」

リンク: Car Watch オグたん式「F1の読み方」.

 F1は人知れず開幕した訳だが、いきなり旧ホンダチームであるブラウンGPが12フィニッシュと来た。エンジンはメルセデスであるが、車体はおそらく旧ホンダの発展系なんだろう。ホンダのエンジニアは今ハイブリッドカーの開発チームに編入され、目が点の状態で新たな業務に投入されているんだと思うが、複雑な気持ちで開幕戦を見たんだろうなと思う。

 噂に寄ると相当新しい業務に戸惑っているだとか。うーん。悔しいだろうなぁ。でもエンジンがホンダだったらどうなのってのはあるよね、一応。なんか記事によるとタイヤに対するセッティングの裕度が高いみたいに書いてあるけどね。

あと今回からKERSが搭載ってことでなんか差が出るかというのも今後期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

ツール12ステージ

第8ステージで淡々とぶっちぎったラスムッセンがマイヨキープという不思議なツール。
当然他の総合ハンターは黙っちゃいないんだが、個人タイムトライアルまでは詰められない状況かな。

今日は2人の選手が逃げをぎりぎりラストまで粘る展開で、数学の問題のような展開で面白くも集団の威力に感じ入る事しきりでした。

あぁ願わくば出張の宿泊数を下げてもっと生で観たいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

ツール・ド・フランス開幕

開幕しました。

いやぁ今年もドーピング事件の余波か、キャラクター絞って開幕ですね。
でもプロローグ、1ステージともに凄かったです。

1stステージはマキュアンが異次元の加速で落車してから優勝というちょっとわけのわからない切れっぷりを魅せてくれました。おそるべしマキュアン。

まぁ今年も去年みたいな顔ぶれでしばらく進むような気がします。ボーネン対マキュアン。山岳ステージにはいるあたりまでは、そこらを楽しめばいいのか。

まぁとにかくツール開幕ですね。E2だとHD画質なんでしょうかねぇ。ちょっと心惹かれますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.28

松坂、6回4失点7Kで3勝目!

http://matsuzaka.nikkansports.com/news/f-bb-tp2-20070428-190746.html

今期の日本人メジャーリーガーはいまいちな気がする。松井は故障などがあるし、イチローは足踏み。松阪は話題選考ってところで、投手というポジションのせいか調子を掴むのにしばらくかかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

SKY PerfecTV! - World Wrestling Entertainment

リンク: SKY PerfecTV! - World Wrestling Entertainment.

さてさて、WWEの最大イベントレッスルマニアのPPV放送日は22日。で、試合は4/2です。今やってんのかな。

ミステリオVSオートンVSカートと、シナVSHHHがメインらしい。シナが王者。まぁHHHが役者は上だが。しかしミステリオがメインというのもちょっとなぁ。

いずれにせよ、楽しみなり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧