2011.03.20

英国王のスピーチ

観てきました。

なんというか、まぁ、あれです。素晴らしいですね!!

アカデミー賞、むべなるかなです。

さて、ストーリーですが、第二次大戦直前のイギリスで、国王ジョージ5世の次男の、おっさんが、妻と、実践的な療法士の助けを借りて、吃音を克服して、戦争突入時の大一番のスピーチをこなすまで、というものです。「空襲の危険にさらされ、世界中で戦争に巻き込まれる国民や兵士を奮い立たせる、そんなことは、俺には無理だよぉ、だって俺、まともに人前で喋れない」という悩みを抱える、「おっさん」ジョージ6世。しかしその心根には、なんとか英国をもり立てて、ご先祖様に恥ずかしくない立派な歴史を積み上げるぞ、との自負心がある。そこらへんでの格闘の日々、いやぁがんばるおっさんって哀れだけど愛すべし、まぁそんな映画でした。

子供ら二人がキツい厳しい、ストレートな感想を言うのが、我が家でもありそうで、苦笑いでした。嫁さん、大事です。闘うおっさんには、いい嫁と、適当に可愛い子供、実におっさんらしい取り合わせ、と、実際問題、強力におっさんな僕には身にしみました。

さて、主演のコリン・ファース、ただ者ではありません。こんなの演技でやれるかよ、的シチュエーションで、困りつつ、威厳があり、かつ自らを奮い立たせる、はたまたすぐ自身なくしちゃい、自らを恥、そして絶望する、それを行ったり来たりしたりして、凄い役ですが、見事です。見事としか言いようがありません。

ということで、実際、結構、泣ける映画とも思うのですが、おっさんの僕には、辛かったです。正直。


でもでも、今現在、東北の大地震のこの最中でこの映画を観ると、言葉って大事だなと思いました。実際、戦時の英国の精神のよりどころだったのではないですか。日本の官房長官の枝野さん、総理大臣の管さん、是非観てくださいね。と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.27

ソーシャル・ネットワーク

リンク: ソーシャル・ネットワーク - オフィシャルサイト.

レイトショーで観て来た。やっぱオタクの人のやらかす事はキツい。しかし歴史的発見の前に、全ては暴走していっちゃって、もはや最初の困った一夜の過ちレベルじゃ収集のつかない世界へと。

いやぁ頭のいい人嫌いって怖いですねぇ。(人ごとではないかもしれない。理系の若者は、なんか怪しい挙動を示す時が多い)

ただし、広告を載せたくないとか、理想像を追求している姿勢が、たしかにFacebookには見えて来ていて、同級連絡版みたいな世界から始まっている所もあるんでしょうが、たしかにGoogleなどの広告が原資という世界とは一線を画しますよね。リアルに人格を問われるというか。

最後の友達リクエストには笑ってしまいました。やっぱどきどきするのは誰もおなじですよね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.19

あのニューロマンサー映画化

リンク: NIKKEI オフタイム | 映画・エンタメガイド 映画ニュース.

いまさらですか?って古典?サイバーパンク小説の映画化だって。

CG技術があればできるってことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

映画「サマーウォーズ」

リンク: 映画「サマーウォーズ」公式サイト.

悪い評判は聞かないとの事ですので、レイトショーで観てきました。
いや、なかなか面白かったです。予告編で結構筋はわかるのですが、まぁそれはそれって感じですよね。

嫁さんの実家にいくと、子供がたくさん集まってにぎやかなのですが、あぁいう雰囲気もいいなぁという実感が実生活がありますので、そうですなぁ、結構すんなり受け入れられたかな。

満足度96%は、まぁ嘘ではないでしょう。

しかし筋としては、個人のアカウントを盗まれるという事が、仮想空間でのアバターが寝返るみたいな描写って、それってセカンドライフそのまんまですよね。

なんかそこには違和感があるかな。パソコン通信から入った口なので、非常に違和感がありますね。Twitter的なイメージと、Google的巨大アカウントとの差かも。Google的だと、全部のっとられって所までもあり得るかもしれませんかねぇ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

なんと映画は部屋を暗くして観る事を想定してテレビはつくられていた

リンク: 本田雅一のTV Style:メーカーはやっと“だれでも高画質を楽しめる”テレビを目指し始めた(1) - ITmedia +D LifeStyle.

映画などのコンテンツの色温度は6500度に設定されているのに対して一般テレビ放送は10000度で作成されているらしい。

そうだったのか。テレビで色温度の調整ができる理由って計時劣化じゃなかったのね。

あと、千と千尋の神隠しが赤く見える件もそうだったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.08

「ソニーBD+ウォークマンX」は快適モバイル視聴を実現するか?(後編) - デジタル - 日経トレンディネット

リンク: 「ソニーBD+ウォークマンX」は快適モバイル視聴を実現するか?(後編) - デジタル - 日経トレンディネット.

デジカメを更新したのに伴い、レンズやビデオカメラを大量に処分した。

結果、13万円程度のポイントが蓄積された。

で、その軍資金を手に、ウォークマン+レコーダーで、録画番組を外出先で視聴というスタイルに挑戦しようかなと考えている。

というのも、最近通勤経路の変更により、片道1時間程度の電車通勤になったからだ。ということで、一日映画を一本観られることになっていますよね。時間的に。

映画のひっぱり元はWOWOW。今まではiPhoneに、なにがしかの映像コンテンツを読み込ませて読んでいたが、ノイズキャンセリングつきヘッドフォンが、かさばる。バッテリが早く減る。なんていう困った事もあって、代替的視聴スタイルを探していた。結構混んでいる電車なので、すわれない場合も多いことを考えると、ウォークマンがわりと良さげで、これいかに簡単にWOWOWで録画した映画を読ませるかという事が命題だ。

ということで、ようやくたどり着いた、簡単そうで、ノイズキャンセル可能でコンパクトな視聴スタイルが、レコーダー+ウォークマンだ。

BDZ-Z95とBDZ-A750と、どっちがよいか迷い中である。あぁ楽しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

映画『スラムドッグ$ミリオネア』

リンク: 映画『スラムドッグ$ミリオネア』!.

このクイズミリオネアというクイズ番組はライセンス供与方式で80カ国でオンエアされているとか。まぁみのもんたと、どっこいどっこいの、灰汁の強い司会者にもわらったけど、たしかに面白いんですよね。

で、それがクライマックスにしこまれていること、恋愛ものなこと、成長物語なこと、そしてインドパワーが相まって、非常にインパクトのある作品にしあがっていると思います。成長物語、恋愛ものと言えば、代表的なのはシネマニューパラダイスなんかを思い浮かべるけど、まぁインドパワーの分、この作品のほうがインパクトがあるかな。

しかし失業とは無縁、それが強力な経済成長を遂げつつ有るBRICSの姿なんでしょうか。でも最近は結構厳しいと聞いたけど。ムンバイって結構商業の街としてこの映画観る前から知っていたけど、調べてみると、いろいろと問題はあるようで。

1992年から1993年にムンバイ暴動というのが発生したとありますが,これが映画中で起きていた暴動なんだろうか。

まぁ感動のクライマックスはよかっけど、なによりエンディングの踊りで爆笑しました。インドってば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.20

映画『バベル』

リンク: 映画『バベル』公式HP.

バラバラの物語
・モロッコでバスで移動中に妻が銃に撃たれたアメリカ人夫婦の話
・その子供達と彼らの面倒を観るメキシコ人乳母の話
・手に入れた銃をものめずらしさに弄んでいたら、バスにあたってしまった幼い兄弟の話
・銃の持ち主の日本人の男性と、彼の娘の話。そして昔亡くなった妻の話

ということで、つなげるとこの銃はのろわれているって事かしら?そこらへんのニュアンスがよくわからないまま終わってしまった。

菊池凛子がアカデミー賞にノミネートされて有名になった本作ですが、まぁたしかに凄い演技だったとしか言いようのない、深い演技でした。ただ、この映画、皆一緒に撮影なんて絶対していないはずで、そういう面でどうなのよってところがありました。なんかぶつ切りの感じですね。繋がっていないぞよ。

迫力のあるストーリーだけど、よくわからない。なんか消化不良風の(気分的にはあの銃で母親殺しちゃったのかいという事で納得したですが)作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

映画『プラダを着た悪魔』

リンク: 映画『プラダを着た悪魔』公式サイト.

観ました。なんか面白かったです。

ジャーナリスト志望だが職にありつけなかった大学卒直後の女の子が、なぜかファッション誌の編集長のアシスタントの職に応募、畑違いの分野の畑違いの仕事にとまどいながら、鬼編集長の元で成長するサクセスストーリーってとこですね。

まぁこれを観ると、馬子にも衣装といいますが、女性にドレスですね。なかなか目にも楽しい。シックな装いとかボーイッシュな装いとか、色彩じゃなく、醸し出されるイキ度合いで魅せる感じがよかったですね。

ストーリーは平凡な感じの恋愛ものですが、まぁ日本の就職のしきたりというのとは文化的に全然違うものなんだなぁという事を感じました。

新卒採用なんてのがあたりまえって事がないわけですね。皆、自分のキャリアを築き上げる事を最初から意識している。寄り道も有りで。

まぁそういうのには、多少憧れますね。

ちょっとファッションというものに対する見方が変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

シュルトが3連覇、黄金時代の到来/K1 - バトルニュース : nikkansports.com

リンク: シュルトが3連覇、黄金時代の到来/K1 - バトルニュース : nikkansports.com.

いやはやシュルトは強いやね。尊敬される域に達したと思う。
まぁでも見所はバンナがホンマンを倒して、次シュルトかいという流れでしたかね。なかなかよいものを見せてもらいました。来年もバンナがシュルトを倒せるようになるとも思えないくらいシュルトは先がありそうだし、バンナはたぶん王者を取れないまま引退かね。

打たれ強さと老獪さでピーター・アーツに期待がかかってはいましたが、なんか体壊れたのかね。

しかし本気を出したシュルト伝説みたいな、ジャンボ鶴田の昔の頃で、本気を出した鶴田は強いってのがありましたが、そういう伝説が生まれそうですね。まぁ強いんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧